老け顔に見られる肌の状態と原因

肌の老化仕組み

女性にとって老けて見えることは、外に出かけることが楽しくなくなったりコンプレックスを抱いてしまったりするものです。実年齢よりも老けて見えることは、落ち着いて見えることにつながりますが、やはり若々しく見られたいと思うこともあります。

 

老け顔に見られる時のお肌の状態で主なものは、しわ、たるみ、シミ、などがあります。

 

老け顔の原因〜しわ

顔にあるしわは、比較的浅いしわから加齢によって刻まれた深いしわまであります。深いしわは、紫外線や加齢によるコラーゲンの減少により肌の内部がダメージを受けてできてしまいます。

 

老け顔の原因〜たるみ

またたるみは、顔の筋力の低下やしわと同じようにコラーゲンやエラスチンの緩みが原因と考えられます。若い時は、細胞の代謝が盛んで弾力のある肌が保たれていますが加齢や紫外線によってコラーゲンやエラスチンが緩んだ状態になります。

 

老け顔の原因〜シミ

シミは紫外線を受けると過剰に生成されるメラニンが原因で発生します。ターンオーバーによって古い角質は押し上げられてやがて剥がれ落ちますが、メラニンが過剰に生成されると肌に残りやがてシミへとかわります。

 

その他にも老け顔になる原因には乾燥があげられます。日々のお手入れの中で紫外線対策をきちんとして、保湿を十分に行うことが大切です。

 

 

コンシダーマル

 

コンシダーマル・スキンライズローション公式サイトへ